HEROs AWARD 2017 - Sportsmanship for the future

HEROs AWARD

一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会

ゆるスポーツ

PROJECT OVERVIEW

本来スポーツが持っている「息抜き」「楽しみ」「余剰エネルギーの発散」という本質に立ち戻り、「新しいスポーツを創る」という挑戦を行う。高齢者でも障害者でも参加出来、日本ならではの技術やアイデア力を活かした、日本発のスポーツを生むことで、日本のみならず世界中の課題解決につながることを目指して活動中。

  • ・福祉、行政、企業、スポーツなどあらゆる業界の課題解決。
  • ・「社会課題×アイデア=ゆるスポーツ」の図式で誰もが楽しく参加出来、課題を解決する「ゆるスポーツ」を開発・実施。
プロジェクト名
ゆるスポーツ
取り組む社会課題
ありとあらゆる社会課題
社会課題×アイデア=「ゆるスポーツ」という図式で、社会課題を解決する仕組みを構築。
目標/ミッション
1.すべての人をスポーツプレイヤーに。
年齢、性別、運動神経や運動経験、障害の有無に関わらず、スポーツを楽しめる社会を創出。
2.新しいスポーツで社会課題解決。
企業・地域・学校・コミュニティなどの課題を解決する新しい、独自のスポーツの開発。
3.バラエティ豊かな社会へ。
多品種なスポーツを通じ、多種多様なコミュニティを生成。全ての人が暮らしやすい社会実現。
活動開始時期
2015年活動開始。2016年4月法人設立。
MORE DETAILS

COMMENTS

間野 義之
早稲田大学スポーツ科学学術院教授 博士(スポーツ科学)
運動が苦手な人でも、高齢者でも、だれもがアスリートになれる新しいスポーツを次々と生み出す仕掛けが秀逸である。
競技名もルールも非常にユニークで、思わずやってみたくなる「ゆるスポーツ」は、スポーツの語源であるデポルターレ(気晴らし)を改めて私たちに認識させてくれた。
笑顔が絶えない楽しい競技がたくさんラインナップされているが、競技にはそれぞれ社会課題に対するアイロニーが巧みに散りばめられている。
「ゆるさ」の魅力を最大限に活かしながら、社会的価値の再認識につながる、スポーツの力を活かした活動の好例である。
上原大祐
パラアイスホッケー/NPO法人D-SHiPS32 船長
スポーツと聞くと抵抗を感じる人がいます。「苦手」「運動音痴」「体育の授業が憂鬱」
ただ!ゆるスポーツは老若男女健障、誰もが気軽に楽しめるスポーツが沢山。そして、プレーしている人だけでなく、ギャラリーまでもが爆笑してしまうスポーツも沢山!!
「弱さを強さに変える」が得意なゆるスポーツは普段活躍できなかった人が活躍できるのも魅力の一つです。「歩けないからラグビーが出来ない」ではなく「歩けないからこそ強いラグビー」。これがイモムシラグビーで私も大活躍できるスポーツです。大勢に合ったスポーツよりも、個人に合ったスポーツを大勢が楽しむ世界。そんな世界を彼らはつくっていくんだと思います。
一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会
私はスポーツが苦手で、体育の時間では先生やクラスメートから褒められるという経験がなかった(むしろ叱咤されてきた)ので、このような素晴らしいスポーツの賞を受賞できることは、正に青天の霹靂です。「ゆるスポーツ」という概念は、生まれてからまだ2年半程度しか経っていません。ウォームアップを終え、これから助走をつけ、大きく羽ばたいていきます。スポーツが本来的に持っている力を最大限活かして、1mmでも日本を、世界を楽しくしたい。そのために、是非日本中の皆様の力を貸して頂ければと思います。最後に、いつも全方位的に支えてくれる「いい大人の集まり」である協会メンバー、ならびに毎回斜め上を行くゆるスポーツを開発してくれる天才的なスポーツクリエイターの皆様にお礼を伝えたいと思います。いつもありがとうございます。
プロジェクト : ゆるスポーツ
2015年に、スポーツの力で日本社会に漂う閉塞感を打ち破りたいという思いから活動を開始。世界ゆるスポーツ協会は、本来スポーツが持っている「息抜き」「楽しみ」「余剰エネルギーの発散」という本質に立ち戻り、「新しいスポーツを創る」という挑戦を行っている。高齢者でも障害者でも参加でき、日本ならではの技術やアイデア力が活かされている、日本発のスポーツとして「ゆるスポーツ」を創出。「YURU」という日本概念を中心に据えながら、日本のみならず世界中の課題解決につながることを目指して、「21世紀の新しいスポーツ」を世界に届けることを目指し活動している。